仙台で会社設立するなら!知っておきたい基本事項!

仙台で会社設立するとき、どういう手続きをすればいいでしょうか?
知っておきたい基本的なポイントをいくつかご紹介します。
まず会社設立の流れについて、簡単に確認しておきましょう。

会社の重要書類となる定款を作り、これを関係機関に提出し、受理されれば会社ができます。
このときに手数料や納税も必要になりますので、ある程度の費用もかかります。
これらをすべて問題なくこなせば、仙台に自分の会社を作れるんです。
かんたんに合同会社を作った話はこちら

手続きの流れ自体は単純ですが、押さえておきたいのは、これから作りたい会社の条件を自分で整えて、関係機関まで申請することですね。
これからどんな会社を作るのか、その体裁を自分で具体的に作らないと、会社設立もできないわけです。
これができないとすべての手続きが始まりませんから、まずは体裁作りからですね。

具体的にやることは、これから作る社名や所在地、資本金の金額など、会社を作る上で必ず決める必要のある項目を確定することです。
ある程度のイメージを持っている方も多いでしょうが、ここで各条件を具体的に確定していってください。
これら会社の体裁作りが終わったら、それを書類にまとめます。
この書類のことを定款といいます。
これには書式に指定がありますから、それに従ってください。
コレに従っていない場合、会社設立に必要な項目はすべて網羅していても、受理されません。
清書するときは書式に注意してください。

この書式については、テンプレートなどが簡単に手に入りますので、自力でも対応できます。
自分での対応が難しければ、専門家に作ってもらう方法もありますね。
どちらでも構いませんが、定款の種類によっては、専門家に作ってもらった方が簡単です。

定款の内容が完成したあと、それを正式書類として仕上げる方法には、紙に印刷する方法と、電子書類にまとめる方法とがあります。
簡単なのは紙の定款の方です。
自分で作る方は、こちらがオススメです。
電子文書にまとめる場合、これには電子署名をつける必要がありますので、ICチップ付きの身分証明書や、それを読み取るカードリーダーなど、特殊な準備物が必要になります。
こちらの形式を選ぶなら、代行サービスを頼るといいでしょう。

このようにして定款を作れたら、いよいよ関係機関での手続きになります。
具体的にどこで手続きするのかというと、仙台にある公証役場や法務局です。
どちらも日常生活ではあまり使う機会がないかもしれませんが、起業時にはこれら特殊な機関での手続きが必要です。
これら機関は日本全国にあるのですが、仙台での会社設立なら仙台を管轄する地元の公証役場などを使ってください。
それ以外の支所では手続きできませんし、そちらの管轄になる場合、起業地は仙台ではなくなります。
仙台の支所で手続きできるのは、仙台の中にその会社の本店所在地がある場合ですから、定款に載せた所在地が仙台市内になっていることを確認してくださいね。
仙台で頼める会社設立お勧め企業

これら機関の利用順は、これから作る会社の種類で変わります。
株式会社を作る場合、定款を作ったら公証役場に行き、そこでの手続きが終わったら資本金を振り込んで、法務局での手続きです。
合同会社の場合、公証役場での手続きは不要です。
定款ができたら資本金を振り込み、法務局で手続きしてください。
このようにどちらの会社を作るときでも、基本的な手続きの流れは同じですが、合同会社の場合は公証役場での手続きが不要ですので注意してください。

公証役場での手続きは、予約を取っておくのが基本です。
事前に連絡し、訪問日時などを決めておきましょう。
そこで必要なのは、定款3部と収入印紙4万円分、手数料5万2000円、発起人の印鑑証明書です。
これら必要物も事前に確認しておき、不備なく揃えておいてください。
定款に不備がなく、準備物もすべて揃っていれば、それほど手続きに時間はかかりません。

ちなみに電子定款を選んだ場合、手続きがやや異なります。
この場合は定款をオンラインで提出するため、国の専用送信ソフトをダウンロードし、そのソフト経由で提出します。
ソフトの料金は無料です。
やや特殊な方法になりますが、提出先は変わりません。
仙台の公証役場になりますので、間違えないようにしてくださいね。

法務局での手続きは書類一式を提出するだけですから、予約などは不要です。
ただし、登記について相談したいことがあったり、書類のチェックをお願いしたいときは、事前に予約が必要になりますので注意してください。
必要な準備物は、公証役場に比べて多いです。
登記の申請書、登録免許税の支払いに関する書類、定款など基本的に必要なもののほか、代表取締役の就任承諾書、監査役の就任承諾書など、必要に応じて用意するものもあります。
自分で手続きする場合、一度法務局で必要書類を教えてもらい、揃えた書類もチェックしてもらうのがオススメですね。

仙台で会社設立するとき、このような手続きを基本としてこなしていき、すべてが終われば会社が無事に完成です。
それぞれの手続きのポイントや流れなどは、専用のサポートサービスなどが詳しいですから、わからないことがあればそちらを使うのもオススメですよ。