投稿日:

会社設立でかかる税金

なにか新しいことを始めるとき、気を付けたいのは税金ですよね。
仙台で会社設立した際にも税金がかかります。
また、将来かかる税金のために必要な手続きなどもあります。
これら税金関係の手続きについてご紹介しましょう。

まず仙台で会社設立するときにかかる税金は、印紙税と登録免許税です。
印紙税とは、書類の作成にかかる税金です。
コレが発生するのが、定款を作ったとき。
定款とは会社設立のために必ず必要になる書類で、印紙税の対象文書の1つです。
金額は4万円となっています。
電子定款を作ればコレが不要になるのですが、個人で作成するのは難しいため、自分で手続きすると、この印紙税の支払いのために4万円必要になることが多いですね。

もしこれを節約したいなら、代行サービスを使うといいです。
これらを使うと、定款を電子文書で作ってくれることが多いです。
電子定款なら印紙税の対象になりませんから、この税金をカットできますよ。

これと違ってどうしても省けないのが、登録免許税です。
これは登記のときに必要になる税金です。
会社設立の最後の手続きとなるのですが、これをやるには登録免許税を納めないといけません。
税額は比較的高く、最低でも15万円となっています。
これはどうやっても省けませんし、値引きもできませんから、会社設立手続きに入る前に用意しておくといいでしょう。

仙台で会社設立する際に必要になる税金は以上で、これらを納めれば会社を作れます。
ただし、その会社を運営していく中で、将来的に必要になる税金もあります。
そのために、会社を作ったら税務署などに届出をする必要があるんです。

会社設立前はまだ先の話のように思えるでしょうが、登記が終わって会社ができた後、2か月以内に届出をしないといけません。
ここでの手続きがきちんとできないと、法人としての税務の手続きが正常にできなくなり、まもなく困ることになります。
これも会社設立の手続きに含めて、設立直後にすぐ届出をすれば安心です。
仙台で会社設立するときには、このような税金関係の手続きもありますので、忘れずにこなしてください。