投稿日:

会社設立の占いの効果

 

会社設立を行う際、人によっては占いを活用するということもあるかもしれません。
占いというのは、実際に根拠のあるものではありませんが、時には有効なアドバイスが得られたりすることも多いです。
事実、会社設立の際に占いを活用しているというところも実は多いと言えます。
それがすべて的中するということはありませんが、場合によっては会社の方向性を占う重要なポイントになるかもしれません。
占い師はあくまでも占いをするだけであり、預言者ではありませんので未来を予言するということは難しいと言えるでしょう。
ただ、色々な情報を参考に、占いを信じて会社の方向性を決めたりするということも、決して悪いことではありません。

ただ、気を付けておきたいのは、占いを鵜呑みにしてしまうことでしょう。
「5年以内に事業が大成功するかも」と言われたからと言って、何もせずに5年以内に大成功するということはありません。
それを実現するためには、努力することが必要となってきます。
正直、占いは当たり障りのないことを言い、それがあたかも的中したかのように見せる話術でもあります。
上手に利用すればモチベーションの維持にもなりますし、新しい発想にも繋がってくるので、使い道はあることも多いです。
ただ、占い自体に力があるのではなく、実際に会社設立をする場合は働く人に力があるわけです。
そのことを忘れてしまってはいけません。
もちろん、会社設立をするからには占いだけに頼るということなどないでしょう。
占いというのはあくまでも「こうなる可能性がある」というスピリチュアルなものです。
それが本当なのかどうかは誰にもわかりません。
それこそ、5年以内に大成功になるかどうかなど、誰にも予測できないのです。

占いはあくまでも参考にする程度にし、すべてを鵜呑みにするということはやめましょう。
占いの効力は、人間がそれに釣られて行動することで得られるものです。
成功を信じるモチベーションのために使うのは良いですが、それ以外の会社の事業に関することをすべて占いで決めていると、失敗する確率は格段にアップします。
そこをしっかり考えていくことで、より安心できるのではないでしょうか。
もちろん、占いも使い方によっては会社設立を支える重要な指標となるかもしれません。
ただ、あくまでも支えている人のことを忘れないように、地に足を付けて事業計画を立てていくことが必要となります。