投稿日:

会社設立の重要チェックリスト

 

・会社設立手続きはチェックリストにまとめよう!
会社設立の手続きに関する内容は、チェックリストにまとめておいた方が、ミスが少なくて済みます。
書類手続きに不備があると、予定日に会社設立が出来ない場合がありますので、ここは徹底したいところです。
会社設立で必要となる手続きについては、次のようなものがありますので、参考にしてみてください。

 

・定款の認証手続き
公証人役場というところで、公証人手数料5万円を払って定款を登記してもらうことが、まず最初に行う会社設立のための手続きです。
この時には、公証人手数料以外にも、収入印紙代4万円を用意しておかなければなりません。
ちなみに電子定款の場合は、その4万円は扶養になります。
定款の作成はインターネット上で配布されている雛形を利用すれば、簡単に作成することができますが、会社によって記載しなければならないこともありますので、出来れば専門家に作成を依頼した方がいいでしょう。
定款の認証は、順調にいけば一発で認証ができますが内容に問題がある場合は、修正をしなければなりません。

 

・資本金の払込み手続き
定款の認証が完了したら今度は、資本金の払込を銀行口座に行います。
銀行口座は発起人名義の銀行口座に払込みを行い、資本金払込証明書は自分で作成します。
この資本金払込証明書は、法人設立手続きに関する書類と一緒に、法務局に提出します。

 

・登記手続き
法務局に提出する書類には、登記申請書以外に、印鑑登録証明書、印鑑届出書、発起人決定書、資本金払込証明書などがあります。
このうち、印鑑に関係する書類は、印鑑登録証明書と印鑑届出書なのですが、印鑑登録証明書は、取締役全員分の書類が必要になります。
代表取締役を設置する場合は、代表取締役の分の印鑑登録証明書一通でOKです。
印鑑登録証明書は、市区町村役場の窓口に行けばすぐに作ってもらうことができます。
ちなみに印鑑届出書は、法人の印鑑のことです。

 

・税務署への法人設立申告手続き
法人登記が無事完了し会社を設立した後は、税務署へ法人設立届出書を提出する流れになります。
こちらは、会社設立後2ヶ月以内に提出しなければならない書類です。
それと併せて提出しておきたいのが、青色申告承認申請書です。
こちらは強制ではないのですが、青色申告事業者になるのであれば3か月以内に提出をしておきましょう。
他にも、市区町村役場や都道府県税事務所に、法人設立届出書を提出しなければなりません。
手続きをしなければならない書類が多くなりますので、タスク管理を十分に行いミスのないよう注意をしましょう。

 

投稿日:

会社設立の占いの効果

 

会社設立を行う際、人によっては占いを活用するということもあるかもしれません。
占いというのは、実際に根拠のあるものではありませんが、時には有効なアドバイスが得られたりすることも多いです。
事実、会社設立の際に占いを活用しているというところも実は多いと言えます。
それがすべて的中するということはありませんが、場合によっては会社の方向性を占う重要なポイントになるかもしれません。
占い師はあくまでも占いをするだけであり、預言者ではありませんので未来を予言するということは難しいと言えるでしょう。
ただ、色々な情報を参考に、占いを信じて会社の方向性を決めたりするということも、決して悪いことではありません。

ただ、気を付けておきたいのは、占いを鵜呑みにしてしまうことでしょう。
「5年以内に事業が大成功するかも」と言われたからと言って、何もせずに5年以内に大成功するということはありません。
それを実現するためには、努力することが必要となってきます。
正直、占いは当たり障りのないことを言い、それがあたかも的中したかのように見せる話術でもあります。
上手に利用すればモチベーションの維持にもなりますし、新しい発想にも繋がってくるので、使い道はあることも多いです。
ただ、占い自体に力があるのではなく、実際に会社設立をする場合は働く人に力があるわけです。
そのことを忘れてしまってはいけません。
もちろん、会社設立をするからには占いだけに頼るということなどないでしょう。
占いというのはあくまでも「こうなる可能性がある」というスピリチュアルなものです。
それが本当なのかどうかは誰にもわかりません。
それこそ、5年以内に大成功になるかどうかなど、誰にも予測できないのです。

占いはあくまでも参考にする程度にし、すべてを鵜呑みにするということはやめましょう。
占いの効力は、人間がそれに釣られて行動することで得られるものです。
成功を信じるモチベーションのために使うのは良いですが、それ以外の会社の事業に関することをすべて占いで決めていると、失敗する確率は格段にアップします。
そこをしっかり考えていくことで、より安心できるのではないでしょうか。
もちろん、占いも使い方によっては会社設立を支える重要な指標となるかもしれません。
ただ、あくまでも支えている人のことを忘れないように、地に足を付けて事業計画を立てていくことが必要となります。

投稿日:

会社設立は日本だと簡単?

 

会社設立は登記手続きを法務局で行うことになるのですが、日本では比較的簡単な手続きで登記が完了します。
今回はタイでの現地法人の設立を例に、日本の登記手続きの流れについて比較しながら紹介したいと思います。

タイで会社を設立する時には、現地法人と言う会社形態で進出するのが一般的です。
現地法人は、他の設立方法と比べてタイではライセンスを取得しやすく、他の会社形態よりも比較的短期間で設立できるのが特徴です。
ただそれでも、2ヶ月以上手続き完了までに時間を要するのがタイでの会社登記の難点です。

一方、日本で株式会社や合同会社、合資会社などを設立する時には、比較的短期間で手続きが終わります。
一人で手続きをやった場合、慣れてない人だと、だいたい60時間から80時間の時間を要すると言われています。
それでもタイで起業するより、はるかに日本で起業した方が簡単に会社を設立することが可能です。

発起人に関しても、日本は代表取締役と兼任で、最低1人いれば会社を設立することが出来ます。
株式会社の場合だと、これを一人株式会社と言います。
この制度が導入されてからは、昔と比べて会社設立のハードルがはるかに下がりました。
通常の株式会社設立する場合は、かなりの資本金を用意しなければなりません。
ですが、一人株式会社の場合は、1円から株式会社を設立することができます。

ただし、会社登記の手続きに慣れるまでは、なかなか大変なことには変わりありません。
まず登記をする前に定款を作成して、公証人役場で定款の認証を行ってもらうことから始まり、資本金払込証明書を作成します。
それに合わせて登記手続きに必要なすべての書類を準備しないといけません。

また、登記が完了した後も、各機関に法人を開設したことを届け出る書類をそれぞれ提出していかなければなりません。
労働者を雇えば、それに関する書類も労働基準局やハローワーク、日本年金機構などに届け出なければならない書類も生じてきます。

法人を設立する時には、非常に雑務が多くなりますので、一人で全てをやっている場合は本業をこなすことが難しくなってくるでしょう。
個人事業主から法人になる人も多いため、本業を休んで会社手続きを行うわけにはいきません。

仕事をこなしながら、これらの手続きをやらなければならないため、かなり大変な労働量となるでしょう。
ですがこういった手続きは、すべて専門家に任せることができますので、自分一人でやる必要はありません。
適材適所で外部業者に仕事をまかし、常に自分の手は空いている状態を作っていくことが、営業を成功させるためには大事なことだと思います。
また、こういった会社設立の手続きを簡素化できるサービスもあるようなので、色々調べて活用してみましょう。

 

投稿日:

会社設立マニュアル!区役所への手続きについて

 

今回は、会社設立の手続きに関する内容をお話したいと思います。
会社設立の際に区役所や市役所を、利用することが多くなるかと思われます。
会社役員として登録をする場合は、区役所で印鑑登録証を発行してもらう必要があり、その他、会社設立後には、地方税に関係する手続きを、区役所で行わなければなりません。

まず、印鑑登録証についての説明です。
印鑑登録証は、発起人と取締役を人数分用意する必要があります。
発起人と代表取締役の両方を兼任する場合は、2部、印鑑登録証を発行してもらう必要がありますので注意してください。

印鑑証明書は区役所や市役所で、発行してもらうことができます。
取締役が複数人いる場合は、それぞれに用意してもらう必要がありますが、取締役会を設置して代表取締役を任命する場合は、代表取締役の印鑑証明書の提出のみでかまわないということになっています。

また、印鑑登録証とは別に、印鑑届指定書というものを法務局に提出する必要があります。
これは法人の印鑑を登録する手続きになるため、発起人と取締役の印鑑証明書とはまた別になるので注意が必要です。

印鑑届出書とは、会社の代表者印を法務局に提出するための重要な書類になります。
届出書に押した印鑑は、会社の実印ということになりますので、取り扱いには注意しましょう。

ちなみに、印鑑届出書は法務局で書類を受け取るか、法務局のホームページでダウンロードすることができますので、そちらを使用するといいでしょう。
登記手続きが済んだら、今度は税務署や 年金事務所、区役所もしくは市役所に提出する書類を作成しなければなりません。

区役所に提出する書類は、地方税に関する手続きで、法人設立届出書を提出することになります。
法人設立届出書を出すことで、法人に地方税が課税されるようになります。
これは税務署への届出書は別になりますので注意が必要です。
法人設立届出書は、区役所や市役所のホームページからダウンロードすることができますので、そちらに記入して届け出をするといいでしょう。

このように、会社設立前と設立後の両方で、様々な届出書を提出しなければなりません。
非常に大変な作業になりますので、もし手続きの時間を節約して本業に集中したい場合は、委任状を書いて、司法書士や弁護士に開業手続きを代行してもらうというのも一つの方法です。

司法書士は弁護士に依頼した費用は、経費として計上ができますので節税にもなります。
ぜひ検討してみるといいでしょう。

投稿日:

仙台の会社設立で使える起業サポート

仙台で会社設立して起業したいとき、起業サポートを使う方法があります。
コレを使うとすべての手続きを完璧に代行してくれる上、起業時に関係する各分野の相談ができ、そのサポートなども受けられます。
非常に便利ですから、手間を省くことや、関係分野の相談などを希望する方は、この起業サポートを使うのがオススメです。
続きを読む 仙台の会社設立で使える起業サポート

投稿日:

仙台にある会社設立サービス

仙台で会社設立するのはもちろん、できるだけ早く、できるだけ安くなど、特定の希望があるときには、会社設立サービスを使うといいです。
コレを使うと問題なく会社を作れる上に、特定の希望も叶うことが多いですよ。
まずこの会社設立サービスとは、起業希望者に向けた手続きの代行サービスなどのことです。
起業相談のほか、実際の手続きの代行まで、起業希望者の多くの要望に応えています。
コレを使うと、作りたい会社の条件を伝えると、あとの具体的な手続きは基本的にこのサービスがやってくれるんです。
続きを読む 仙台にある会社設立サービス

投稿日:

代行もできる?仙台での会社設立

仙台で会社設立するとき、具体的な手続きは定款の作成のほか、各機関での届出などになるのですが、これらをしなくてもいい方法もあります。
これら手続きは代行を頼めるんです。
それを使えば、会社設立のために必要な手続きは、その代行者への依頼手続きのみとなりますね。
続きを読む 代行もできる?仙台での会社設立